筋トレのコツ

手軽にできる筋トレの代表格といえば、腕立て伏せや腹筋などではないでしょうか。それこそ、基本的に特別な道具を用意する必要がないので、思い立ったときにすぐ始められます。ですが、ただ基本通りにおこなうだけでは、実はあまり効果的といえません。筋トレの目的は、実行することでなく、筋肉をつけて体を引き締めることです。そのため、いかに筋肉に負荷を与えられるかが重要となってきます。

手軽にできる手軽にできるコツとしては、スピードを落とす方法が挙げられます。それも、ただゆっくりやるだけではありません。筋肉が痛く、少し苦しいと感じられるほどスローダウンしておこないます。それこそ、腕立て伏せ1回を10秒以上かけておこなうようなスピードですら、問題ありません。ただ回数をこなすためにやる腕立て伏せ30回より、スローダウンしておこなう5回の方が効く場合もあります。とにかく筋トレは、回数より質であると覚えておいてください。

また、継続することも大事です。手軽な筋トレで負荷となるのは、基本的に自分の体重のみです。そのため、ウエイトトレーニングなどよりはあまり強力といえません。そのため、毎日継続しておこなうことがとても大事になってきます。そのためには、毎日の回数を調整して、飽きがこないよう地道におこなうよう心がけてください。